アスパック

  特徴   アスパック
主原料はポリスチレン
カール糸状包装用発泡バラ状緩衝材
優れた緩衝性
アスパック自体が空気気泡をかかえた弾性体であるばかりか、独特なカール状の絡まりがクッション効果を生み、緩衝性をよりすぐれたものにしています。
嵩密度が低く軽い
嵩密度は0.006〜0.008g/cm 3 と非常に軽く軽量であるため、包装物の重量を軽減でき輸送費の節減に役立ちます。
荷動きの心配が要らない
一本一本がわん曲しているため、互いに絡み合い、優れた復元性によって製品の荷動きをふせぎます。
吸湿・吸水性がありません
独立気泡体からなっているので吸湿・吸水性が無く、包装された製品を損傷させることがありません。
  すぐれた緩衝性 軽減で輸送費削減  

アスパックサラサラ
  特徴  
  主原料はポリスチレン
S字状の包装用発泡バラ状緩衝材
  優れた緩衝性
  多数の気泡構造とS字形で、大きな緩衝効果を発揮し、軽量物から重量物までの広い範囲の緩衝包装に適しています。
  吸湿・吸水性がありません
  でんぷん系生分解緩衝材に見られるような充填包装後結露等により製品の裏面などに錆を発生させる心配はありません。また、大量のカビの発生や虫、動物類の寄生がおきず、無臭できわめて衛生的です。
  変形(ツブレ)が少ない
  使用時の変形(ツブレ)が僅かなので繰り返し再使用できると共に再資源への活用が可能です。また、倉庫内(保管)での段積みが可能で省スペースで済みます。
 

エコマザー

  特徴    
主原料はコンスターチバラ
 (トウモロコシの澱粉)
燃焼時の発熱カロリーが低い

 (発泡スチロールの約半分)
有害ガス・ダイオキシンなどを発生させない
一般ゴミとして処理できる
梱包時、静電気の発生原因とならない
発泡スチロール等ケミカル製品の代替品としての用途は無限
結合材に生分解性樹脂を使用すれば土中分解させることが可能
エコマザーの形状の選択により「詰める」、「敷く」、「巻く」、「包む」の4つの使用方法ができます。


エコマザー バラ(ダブル・ビーズ・ストレート)
バラ(ダブル・ビーズ・ストレート)
エコマザー 板状
板状
エコマザー シート
シート

エコタッチ

 
特徴
   
 
主原料にポリプロピレンを30%混入したコーンスターチを使用
焼却しても有害ガスは発生しない
燃焼カロリーが約6,900kcalと低い

 (発泡スチロ−ルで約11,000kcal)
40℃、湿度90%の条件下での吸湿率が低い
 (10%/24h、12%/72h)
 
   
     

エコソフト

 
特徴
   
 
主原料にコーンスターチと生分解性樹脂ポリビニールアルコールを使用
100%の生分解(微生物による分解)により、自然を傷つけることなく、土に還る緩衝材です
燃焼カロリーが約4,000kcalと紙と同じく低い

(発泡スチロ−ルで約11,000kcal)
有毒ガス等は一切でません 40℃、湿度90%の条件下での吸湿率が低い
(12%/24h、13%/72h)
1袋の大きさは約1,800o×450φ の袋に梱包。重さは約5.5kg
  エコソフト
     
   
     
株式会社コニパック
兵庫県加古川市米田町平津350-6
TEL 079-432-3597
FAX 079-432-2226
E-mail info@konipack.com

 













ご質問掲示板


ショッピング